あの高橋名人が映画評論家デビュー!?  人気写真家のジュリさんと映画対談

ゲーム名人と言えば、コントローラのボタンを1秒間に16連打する必殺技で一世を風靡した高橋名人ではないだろうか。
今回はその高橋名人が動画に登場、ゲーマーにおススメな映画について熱く語りあった。実は高橋名人が映画の対談をするのは今回が初めてだという。

そして対談相手は、写真家・クリエイターのジュリ・ワタイさん。ヲタク文化をテーマとした写真集は世界で120万部を売り上げた。アート表現の1つとしてアイドル活動も行うなど、多才な活躍をされている。

元々、高橋名人は映画が大好きなようで、自宅にはDVD等で1200本近くの映画をコレクションしているという。まずはその中から特に影響を受けた映画をピックアップして、ジュリさんと共に語り合ってもらった。

※次の各映画タイトルをクリックすれば、動画内の各チャプターが表示されますので、より詳しい内容は動画をご覧ください。

2001年宇宙の旅

1968年に公開されたこの映画を、高橋名人はリアルタイムに映画館で見てかなりの衝撃を受けたという。特に宇宙船の操縦室は、現代のパソコン画面のようなインターフェースではなく、スイッチだらけの操作パネルであることが逆にカッコ良い等と語った。


エイリアン
エイリアンシリーズはどの作品も大好きで、最初に見たときは恐怖のあまり映画館の中で大暴れした、と若き日を振り返る。シリーズの中でも『エイリアンVS.プレデター』においては身振り手振りでその面白さを実演してくれた。


ソルジャー
高橋名人が最も絶賛した作品で、その熱い語り口にジュリさんも「見たくなってきちゃった!」と興奮ぎみの様子。数いる映画評論家の中でも、ここまで対談相手の興味をかき立てる人は珍しいのではないだろうか。

一方、ジュリさんが紹介したのは時計じかけのオレンジ』『チャーリーとチョコレート工場』『マトリックスの3本だ。特に、スタンリー・キューブリック監督が好きなジュリさんにとって、『時計じかけのオレンジ』はジュリさん自身の青春といっても過言ではなく、ゲーマーが好きな世界観ではないかと語った。『チャーリーとチョコレート工場』については、夢があり、映像がとても可愛らしく、ミュージカル好きの人におすすめとのこと。『マトリックス』については、高橋名人と共に「すでに有名すぎるけどやはり素晴らしい、何度も観たくなる」、と会話が盛り上がった。


高橋名人の悩みと16連射のコツ

また、高橋名人は「映画とゲームの共通点」について語ったあと、現在、悩んでいるある事を告白した。そしてなんと、16連射のやり方とコツを解説・実演までしてくれたのだ。


Xbox 360 Zuneビデオを体験
今回の対談企画は、Xbox 360で映画が見られる「Zuneビデオ」の協賛で実現した。2人にも実際に「Zuneビデオ」を体験してもらったのだが、映画館並の画質と音の迫力に思わず「ポップコーンとコーラがほしい!」と感嘆の声を漏らしていた。


Zuneビデオを「Windows Phone」で視聴
ZuneビデオはTVだけでなく、PCやWindows Phoneからも見られるため、こちらも2人に体験してもらった。2人とも、通勤中などの空き時間でもここまでキレイな画面を楽しめるのかと、液晶画面を食い入るように見つめていた。


以上が対談の概要だが、動画を最初から見るにはこちらからご覧いただきたい。

今回の対談で2人が紹介した映画は、すべて「Zuneビデオ」で配信されている。Xbox 360をネットにつなげばすぐに鑑賞することができるので、対談で気になった映画があれば、ぜひチェックしてほしい!

■関連リンク
Xbox 360
Zuneビデオ
Zuneファン