1家に1台

写真拡大

ピクセラは、国内初の乾電池でも動作するフルセグ対応液晶テレビ「PRODIA PRD-LK112BK(ブラック)」を、2012年3月中旬に発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は2万円台前半とみられる。

緊急警報放送に対応

東日本大震災以降に高まる防災意識の中で、災害などの停電時にバッテリーを充電しなくても、単3乾電池で動作するため、防災グッズとして使用できる、というのが特長だ。

12V型のコンパクトサイズながら、1366×768のハイビジョンパネルを使用しているので、高精細な地上デジタル放送が楽しめるほか、ワンセグ受信用のアンテナも付属しているので、受信環境に合わせて切り換えて利用できる。

また、緊急警報放送に対応しているので、テレビを消している時にも緊急警報放送を受信すると、自動的に電源が入り、災害情報を速やかに確認可能だ。

ホワイトモデル(PRD-LK112WH)、レッドモデル(PRD-LK112RE)も用意されていて、2012年3月後半から順次発売される。