「VC-SG711」

写真拡大

東芝は、サイクロン式クリーナー「TORNEO W(ダブル)」から「VC-SG711」を、2012年3月1日に発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は9万円前後。

ミクロのゴミに照射する「UV除菌ライト」

独立した2つのシステムで2段階にゴミを強力に遠心分離することで、吸引力の持続とゴミの強力圧縮を可能にした「ダブル分離サイクロン」や、綿ゴミなどの大きなゴミを分離する東芝独自のゴミ高速分離圧縮技術「デュアルトルネードシステム」、ミクロのゴミを分離する12気筒サイクロンを搭載した新システム「ミクロトルネードシステム」により、ミクロのゴミまで99.8%分離し、吸引力が99%以上持続する。

「デュアルトルネードシステム」は、綿ゴミなどをダストカップ上部の「遠心分離ゾーン」でゴミと空気に分離し、下部の「集塵ゾーン」でゴミを約10分の1に圧縮するので、ゴミの舞い上がりが抑えられるだけでなく、掃除後はダストカップの底からワンタッチで簡単に捨てられ、ダストカップ自体は丸ごと水洗い可能だ。

「ミクロトルネードシステム」は、UV除菌ライトを搭載しているので、分離された粉ゴミカップ内のミクロのゴミにライトを照射でき、照射から5分後に約98%、10分後には約99%の菌を除菌できる。

ゴミの有無を判別する「ゴミ残しまセンサー」

「エコモード」運転では、強モードに比べ、消費電力量を最大約52%削減するほか、床ブラシを持ち上げると6秒後には運転を停止する新開発の「節電アイドリング機能」や、床面に合わせ最適なパワー制御で掃除する「Agパワーイオンヘッド」、ゴミの有無を判別し、ゴミが少ない時は自動で吸引力を低下させる「ゴミ残しまセンサー」など、無駄な電力消費を抑える機能も充実している。

また、3段伸縮の新開発「伸縮ロングノズル」を付属しているので、高い位置で掃除しにくく、手の届きにくいところを手軽に掃除できる。

カラーは、グランレッドのみ。