田原総一朗さん

写真拡大

「ソーシャルメディアウィーク」なる試みが、2012年2月13日から始まっている。ソーシャルメディアの認知・利用を高め、マーケットのさらなる発展を目的としたイベントで、米・ニューヨークに本社を置くクラウドセントリックが主催。日本でのフランチャイズ開催は、今回初めて行われるものだ。

新聞記事の有料化は「逆効果」

初日となる13日、ジャーナリスト・田原総一朗さんと佐々木俊尚さんによる「基調対論」が行われた。テーマは「世界の変化とソーシャルメディア」だ。まずは既存のメディアについて話がおよび、田原さんは会場に「この中で新聞を取っていない人、どれくらいいる?」と問いかけると、およそ 7割の人が挙手。この結果に、佐々木さんは「ネットには新聞よりもはるかに面白い記事もあるし、新聞を読む必要もないのでは」と指摘し、新聞記事の有料化に関しても、「ソーシャル的にいえば、記事が共有されず盛り上がらないから、新聞社の存在感が減って逆効果な面も」と手厳しい。

テレビについては、まず田原さんが「つまらない。今は『コンプライアンス』という、日本語に直すと『無難』という言葉にとらわれている」とバッサリ切り捨てた。今後、インターネットとテレビが融合したスマートテレビが出てくれば、規制がないネットのコンテンツにますます押されるのでは、という見方だ。反面、佐々木さんは、テレビが活性化する可能性もあるという。「ニコニコ動画でも、コンテンツ自体はつまらなくても、ユーザーのやり取りで面白くなったケースは多くある」とし、そうした現象がスマートテレビ上でも起きるかもしれない、というのだ。

「個人の信頼」が重要な時代に

ただ、そうした産業を発展させるべき日本企業については「感覚がズレている」と問題視している。佐々木さんが訪れた米国の展示会では、台湾や韓国のメーカーがしきりに「スマートテレビ」を展示していたのに対し、日本のメーカーにはまったくそうした動きがなかったという。多くの企業自体が老朽化し、組織として力を発揮できなくなっている。

企業組織の老朽化と、ソーシャルメディアによる「可視化」の時代に、大事になるのは「個人」。たとえば新聞記者でも、社論と関係ない自分の意見を、ソーシャルメディアで主張してもいいのでは、という。田原さんが自らについて「フリーだから、メディア(組織)への信頼じゃなく、個人への『信頼』なんですよ」と話せば、佐々木さんも「今やソーシャルメディアなどの巨大プラットフォームを使って、個人でも仕事ができる時代。会社や組織も『可視化』していく中で、結局は『個人の信頼』なんじゃないかと思う」と口を揃えている。

ソーシャルメディアウィークは17日まで行われ、講談社や電通ホールでさまざまなセッションが行われる。一般の参加も可能だ。