「IG-DC15」

写真拡大

シャープは、車載タイプのプラズマクラスターイオン発生機「IG-DC15」を、2012年2月15日に発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は1万3000円前後。

車内の空気を除菌・脱臭

「高濃度プラズマクラスター25000」を搭載し、車内の空気を除菌・脱臭して快適な空気環境を作り出すうえ、うるおい美肌効果も発揮する。ハイブリッド車などの静かな車内での使用を考慮し、イオン濃度がアップした小型・高性能デバイスの採用や、風路設計の最適化により、低消費電力(風量「標準」モード時:1.8W)と低騒音(風量「標準」モード時:29dB)で、高濃度なイオン空間(イオン濃度2万5000個/立方センチメートル)を実現した。

夜のドライブをおしゃれに演出

風量「標準」モードの約2倍のイオン濃度を実現する風量「ターボ」モードを搭載し、短時間の乗車時や、空気の汚れやニオイが気になるときに、より素早く除菌・脱臭効果を発揮する。

また、本体外観に高級感のある光沢仕上げを施すとともに、曲線フォルムを採用し、車内に調和するインテリア性を追求したほか、イオン吹き出し口のイルミネーションと運転モードを表示するLEDメーターが、夜のドライブをおしゃれに演出してくれる。