(C)mika ninagawa Courtesy of Tomio Koyama Gallery

写真拡大

「蜷川実花・蜷川宏子 二人展 写真とパッチワーク・キルト、母と娘のコラボレーション」が、2012年2月8日〜2月19日の午前11時〜午後8時まで、ラフォーレミュージアム原宿で開催される。入場料は、一般600円、学生400円(ラフォーレカード会員は入場無料)。

華やかな蜷川ワールドが楽しめる

艶やかな満開の花々、まばゆいばかりの極彩色、ため息が出るような美しさ、絢爛(けんらん)豪華な世界観。蜷川実花さんの作品を表現する言葉たちは、どれもが華やかで生命力に満ちあふれている。蜷川さんは、日本を代表する写真家として広告、ファッション、書籍や展覧会などで精力的に活躍中だ。

また、パッチワーク・キルト作家・蜷川宏子さんは、国際的に活躍する演出家・蜷川幸雄氏の妻として、ふたりの娘の母親として、日々の生活の中から次々と作品を生み出し、現在は、人気キルト作家として注目されている。

本展では、そんな宏子さんによるアイデアに満ちたキルト作品と、娘・実花さんによる満開の花々を切りとった写真を一堂に展示。幸せな気持ちを、ひと針、ひと針縫い進め、創りだしたチャーミングでアイデアに満ちたパッチワーク・キルト作品と、実花さんによる写真作品が融合した、華やかな蜷川ワールドが楽しめる。