左上から「LC-46V7-B」「LC-40V7-B」、左下から「LC-32V7-W」「LC-32V7-B」「LC-26V7-W」「LC-26V7-B」

写真拡大

シャープは、LED AQUOSのスタンダードモデル「V7シリーズ」6機種(46V/40V/32V/26V型)を、2012年2月10日に発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は6万5000円前後(26V型)〜18万円前後(46V型)。

裏番組が録画できる

地上デジタルチューナーを2基搭載し、接続した外付けUSBハードディスクで地上デジタル放送の裏番組が録画できるほか、BSデジタル放送を4倍、地上デジタル放送を3倍録画できる「長時間録画ハードディスク」に業界で初めて(シャープ調べ、2012年1月19日現在)対応した。リモコンには、「再生」などのほかに、「10秒戻し」「30秒送り」ボタンなどを加え、快適な操作性を実現している。

また、明るさ制御に優れたLEDバックライトを採用し、高画質と省エネ性能No.1(LC-46V7/40V7のみ)を実現したほか、リモコンに「セーブモード」ボタンが搭載されているので、画面の明るさを控えめにした「セーブモード画質」や、画面オフ、無操作オフ、といった省エネ設定がワンボタンでできる。

YouTubeなどのインターネット動画が楽しめる「AQUOS City」に対応しているほか、AQUOS PHONEやAQUOSブルーレイとワイヤレスでつながる「スマートファミリンク」や、iPhoneなどの各種スマートフォンでAQUOSを操作できるリモコンアプリにも新たに対応した。