楽天の子会社で電子マネー「Edy」を運営するビットワレットは、2012年2月1日、商号、サービス名称およびロゴを変更することを発表した。社名は「ビットワレット」から「楽天Edy」に、サービス名称は「Edy(エディ)」から「楽天Edy(ラクテンエディ)」にそれぞれ変更となる。2012年6月1日付け。

新ブランドの適用以降も、Edy搭載型カードや携帯・スマートフォンなどのEdy、各種ポイントやマイルが貯まるサービス(「Edyでポイント」)やEdy加盟店での利用環境など、各サービスは従来通り使用可能だ。