イメージ画像

写真拡大

サッポロライオンは東京駅丸の内口からすぐに位置する丸の内オアゾ内の丸の内センタービルに「銀座ライオン 丸の内センタービル」を2012年2月8日にオープンする。

銀座七丁目店をイメージしたレトロな雰囲気

「銀座ライオン 丸の内センタービル」の店内は、サッポロライオンの基幹店舗である「ビヤホールライオン 銀座ライオン七丁目店」のイメージを踏襲し、モザイクタイル画や天井のデザインなど銀座七丁目店をほうふつとさせるレトロな装飾を施した。

シックなカウンターで注ぐ生ビールは、サッポロ生ビールをはじめとした5種類に加え、月替りの1種類の計6種類を常時楽しめる。

料理は人気ビヤホールメニュー40種類を用意し、中でもオススメは「かごしま純粋黒豚ソーセージ」をはじめとする6種類のグリルソーセージ(各380円)で、ジューシーでこうばしく、生ビールと相性抜群だ。

ランチタイムでは、ボリュームある4種類の「鉄板ジューシーハンバーグランチ」など、リーズナブルなメニューが用意される。

また、メニューは全て小皿で取り揃えているため、ひとりで気軽に立ち寄ることもできる。