(C)TOKYO-SKYTREE

写真拡大

大橋製作所は、2012年5月22日に開業する「東京スカイツリー」をモデルとした、1/1000サイズ(全高634ミリ)の金属製アート・オブジェ「メタルクリスタル 東京スカイツリー(R) 1/1000」を、2012年2月28日に発売する。価格は、18万円。

金属と光が織りなす美を追求

レーザーで切断した百数十枚のステンレス鋼板を、職人が手作業で一枚一枚格子状に組み合わせることで立体像を造形する「レーザー・マトリックス工法」を採用し、実物をリアルに再現した模型とは一線を画す、幾重にも重なる金属プレートが織りなす重厚感と、見る角度によって表情を変える幾何学構造の美しさが楽しめる。

塔体を構成する水平プレートにうがたれた円形の穴の連なりが、あたかもクリスタル製の光り輝くロッドが塔体の中心を貫いているかのような幻想的な美が味わえることから「メタルクリスタル」と名付けられた。

本商品は、2012年2月2日〜2月4日に開催される「第16回おおた工業フェア」(会場:大田区産業プラザ)に出展される。