ACジャパンのCM量がダントツだ

写真拡大

ゼータ・ブリッジ(東京・品川区)は、関東民放テレビ局の2011年CMオンエア実績を集計した、年間ランキングを2012年1月31日に発表した。

対象放送局は日本テレビ・TBSテレビ・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京で、集計期間は2011年1月1日0時00分00秒〜12月31日23時59分59秒。

年間1位は、ACジャパン

企業別オンエアランキングでは、3月にACジャパンの「震災臨時キャンペーン」CMなどが大量に流れた影響で、年間でもACジャパンが1位の放映量となった。また、成長が著しいグリーとディー・エヌ・エーがそれぞれ年間6位と9位にランクイン。商品別オンエアランキングでも、グリーの「グリー」が1位に、ディー・エヌ・エーの「モバゲー」が3位に入るなど、CM放映でのソーシャルゲーム大手の存在感が高まっている。

出演者ランキングでは、AKB48が最多の企業数で1位になったほか、着メロダウンロードランキングで1位になった「マルモのおきて」主題歌を歌う芦田愛菜さんが出演者ランキングでも2位に入った。