電話機をより便利に使うためのアクセサリー(写真は「受話音量増幅器 TF‐TA11」(左)と「フラッシュベル TF‐TA21」)

写真拡大

パイオニアは、高齢者やその家族が電話機をより便利に使うための電話機アクセサリー「受話音量増幅器 TF‐TA11」と「フラッシュベル TF‐TA21」を、2012年2月上旬に発売する。

受話音量増幅器は、「電話で相手の声が小さい、もっと大きくできないか」というユーザーの声に応えた。電話機・ファクシミリと受話器コードのあいだに、この増幅器を接続するだけで、受話音量をダイヤル操作で簡単に大きくすることができる。

また、高音特性を3段階に切り替えて、聞きやすい音質を選べる「音質切替機能」や、大きな音声が入ると適度な音量に調整し耳を保護するAGC回路を搭載した。

フラッシュベルは、「電話のベルを鳴らさなくても着信を知りたい」という声に応えた。「光」と「音」で着信を知ることができる。

電池や電源は不要。同社製はもちろん、他社製の電話機やファクシミリにも接続して使用できる。いずれも、オープン価格。