「若衆bar 化粧男子」

写真拡大

吉原商店会は、岩手県、宮城県塩釜市、福島県南会津町の被災地直送の物産を販売する「大江戸 新よしわら 被災地支援物産市」を、2012年2月4日・5日(11時〜16時)に、花園公園 (台東区千束)で開催する。

「普段と違う姿」で節分の鬼をやり過ごす

イベントの目玉は、「節分お化け 異装コンテスト」だ。違う年齢や違う性など「普段と違う姿」をすることで、節分の鬼をやり過ごすという厄除け行事である「節分お化け」にちなみ、和をテーマにした「異装」を競うコンテストになっている。和のテイストであればアニメキャラでもOK(長物持ち込み可)で、コンテスト参加者だけでなく、一般の方が扮装(ふんそう)して会場に来ることも可能だ(参加申し込みは、吉原商店街WEBまで)。

また、ゲストとして、東京浅草組合から浅草芸者衆とたいこ持ちが駆けつけ、伝統の「節分お化け」を披露するほか、「男の吉原」として知られる湯島から「若衆bar 化粧男子」のメンバーも参加。美しい着物の女装姿を披露するだけでなく、barの営業も行う。