食べてしまうのがもったいないかも

写真拡大

サンクトガーレンは、チョコレート風味のビール「インペリアルチョコレートスタウト」と、チョコレート製グラスのセットを、2012年2月1日から500セット限定で発売する。

これぞ黒ビールの王様

高温焙煎した『チョコレート麦芽』という原料で風味を出した黒ビール「チョコレートスタウト」は、その昔ロシア皇帝に献上されたとされる『インペリアルスタウト』スタイルを踏襲してつくられていて、カカオのチョコレートのようにほろ苦くビターな味わいが楽しめる。アルコール度数は高めになっており、2年間の熟成も可能だ。

今回、このインペリアルビールとセットにされるチョコレート製のグラスは、パティシエ柳正司氏によるオリジナル作品で、ビールと相性の良いカカオを厳選し1個1個手作りで仕上げている。グラスのカカオとビールとが相乗効果を生み出し、注いだときに漂う香りから、口に含んだ時に鼻に抜ける香り、飲み終わった後の余韻にいたるまで、とことんチョコレートに浸ることができるという。もちろん、チョコレートでできたグラスは、ビールを飲みながら一緒に食べられる。

価格は2800円で、直営のネット通販サイトと眦膕暗稿でのみ販売。