チョコレート・サミット2012

写真拡大

ミニストップは、2012年1月26日にバレンタインデー・ギフト用チョコレートを発売した。

フェアトレードに力を入れるミニストップ

「ステキ女子」をテーマにした「カフェショコラ」やギフトバッグが付いた各種チョコレートなどを用意。中でも目を引くのは「フェアトレードチョコ」だ。

フェアトレードとは発展途上国の原料や製品を安く買いたたくことなく、適切な価格で取り引きするというものだ。ミニストップが販売するのは、フランス・カオカ社のフェアトレードチョコレートを使用したオリジナルチョコで、カカオの産地はエクアドル、サントメ・プリンシペ、バヌアツ、ドミニカとなっている。同社は、

「チョコレートを贈る人・もらう人だけでなく、つくる人も笑顔になれるバレンタインデーを提案します」

とコメントしている。

価格は3個入りが525円、5個入りが840円、7個入りが1050円。

また、2月4日には、NGOの4団体と共同でフェアトレードに関するシンポジウム「チョコレート・サミット2012」を「JICA地球ひろば」(東京・渋谷区広尾)で開催する。先着定員200人で、参加費はチョコレートの試食セット付き500円。