BF-01D(ホワイト)

写真拡大

NTTドコモは、超高速通信「Xi(クロッシィ)」に対応したデータ通信専用端末2機種を2012年3月に発売する。

4種類の回線に対応

バッファロー製のモバイルWi-Fiルーター「BF-01D」は2011年5月に発売がアナウンスされていた、「BF-01C」に改良を加えたもので、受信時最大75Mbps、送信時最大25Mbpsの「Xi」のほか、FOMA、無線LAN(Wi-Fi)、有線LANの4種類の回線でインターネットに接続することができる。

16GBの内蔵メモリも搭載しており、コンテンツの自動ダウンロードやアップロード、接続機器間でのデータの共有などにも対応する。最大12台のWi-Fi機器を同時に接続可能だ。

海外でも利用可能!

LGエレクトロニクス製のUSB型データ通信専用端末「L-03D」は「Xi」のほか、WORLD WING(3G+GPRS)に対応し、海外でも利用できる。ゼロインストールに対応し、セットアップも簡単だ。カラーはピンク、ブラック、ホワイトの3種類。

想定価格は新規契約の場合、BF-01Dが1万円台後半、L-03Dが5000円程度。全国のドコモショップで事前予約を受け付ける予定。