『人事・労務担当者のための 労働法のしくみと仕事がわかる本』

写真拡大

日本実業出版社は2012年1月28日、『人事・労務担当者のための 労働法のしくみと仕事がわかる本』(著・向井蘭、232ページ、定価1785円)を発売する。

サービス残業はなぜなくならない?

著者の向井さんは、企業法務を専門とする現役弁護士だ。本著では「採用」「解雇」「残業代」「メンタルヘルス」といった職場で起こりうる法律問題について、会社が「やってよいこと」「やってはいけないこと」、また実際にトラブルが起きた場合の対処などをわかりやすく解説する。企業向けに書かれた本ではあるが、反対側の当事者となる社員にとっても有意義な話が多い。

その向井さんが2012年1月27日の昼12時30分から、J-CASTニュースがユーストリーム・ニコニコ生放送で提供するトーク番組「J-CAST THE FRIDAY」(http://www.j-cast.com/mono/friday/main.html、アーカイブあり)に生出演する。

「サービス残業はなぜなくならないのか?」「内定と内々定、違いはなに?」

といった、職場での「法律」にまつわる疑問を解決するチャンスだ。