ブリヂストンは、これまでのカラータイヤ技術とは異なる全く新しいタイヤ印刷技術の開発に成功した、と2012年1月13日に発表した。

新印刷技術は、変色防止層の上に新規開発インクと保護層を印刷することで、タイヤ質量が増えることなく、燃費を含めた環境に配慮しながら、タイヤをドレスアップすることが可能になっている。変色を防ぎ、耐久性を確保するために使用する多くの白いゴムによるタイヤ質量の増加を抑えた形だ。

また、タイヤ印刷技術ならではの特徴として、ユーザー自身がデザインしたオリジナルデザインや写真等をタイヤサイド部に印刷し、不要になった場合はデザインを落として、新たに印刷を施すサービスも将来的に検討している。