フィリップス「MASTER LEDtube」をコニカミノルタが販売

写真拡大

コニカミノルタホールディングスとフィリップス エレクトロニクス ジャパンは2012年1月23日、国内のオフィス向けのLEDランプ販売で提携することを発表した。

LED照明の需要拡大を受けてのもので、フィリップスの直管型LEDランプ「MASTER LEDtube」を、コニカミノルタビジネスソリューションズの販路を通じ1月中に提供開始する。MASTER LEDtubeは直管型蛍光灯と置き換えることで節電が可能となるLEDランプで、長さ・色温度による6種類のバリエーションがある。フィリップスの製品性能と、コニカミノルタのオフィス市場への強みを組み合わせることで事業拡大を目指す。

価格はいずれもオープン価格。