17日、日本のイメージを表す言葉として中国のネットユーザーが選んだのは「反中」「変態」「軍国主義」。米国については「覇権」「強大」「傲慢」が選ばれた。写真は富士山。

写真拡大

2012年1月17日、人民日報社傘下の国際情報サイト・環球網は、中国のネットユーザーが抱いている日、米、英、独など10カ国のイメージについて実施した調査の結果を発表した。

【その他の写真】

環球網が昨年11月29日から実施したインターネット調査では、米国、日本、ロシア、英国、フランス、イタリア、ドイツ、インド、イタリア、南アフリカの10か国のイメージについてユーザーに質問。あらかじめ各国に設けられた複数のイメージを表す言葉のなかから、ユーザーがふさわしいものを選んで投票する方式をとった。その結果、1月10日時点の総投票数は30万票を突破。環球網がこれまでに実施したネット調査において、最高記録を更新した。そのうち日本のイメージに対する投票数が約15万票を占めた。

米国のイメージとして最も多くのユーザーが選んだのは「覇権」で、全体の9.7%。次いで「強大」「傲慢」「戦争」「貪欲」の順に選ばれている。米国は20世紀最大の超大国であり、第二次世界大戦後、自国の利益のために世界各地で戦争を繰り広げているイメージがあるためだ。

日本で最も多かったのは「反中」(6.9%)。次いで“オタク”や“ロリコン”から連想される「変態」(6.8%)、靖国神社参拝で連想される「軍国主義」(6.3%)が選ばれた。一方で「勤勉」「創造性」「環境保護」「先進」「節約」「礼儀正しい」などプラスイメージもそれぞれ5%から3.6%のあいだで票を獲得。中国男性をとりこにしている「AV」は5.0%、このほか、「頻繁な首相交代」(3.4%)、「武士道」(3.0%)、「アニメ」(3.0%)も目立った。(翻訳・編集/本郷)