スタイリッシュながら、あたりの柔らかい仕上がり

写真拡大

ライオン事務器は、フリーアドレスデスク「SHAVE(シェイブ)」を2012年1月23日に発売する。

近年普及が進んでいるフリーアドレスデスクを、シンプルな構造にすることで優れたコストパフォーマンスを発揮した。

天板中央の開口部分は幅が100ミリメートルあり、OAタップや余長コードをラクラク収納できるように配線開口部の幅を広くとったのが特徴。また、天板手前側のエッジはポストフォーム加工を施して滑らかな曲線を描いた船底形状で、スタイリッシュな見た目ながらあたりの柔らかい仕上がりにした。

デスクトップパネルや配線カバーのほか、中央引き出しなどさまざまなオプションも用意している。色はピュアホワイトとライトグレー。

価格は、基本型が13万7550円〜19万4040円。連結型が10万1745円〜15万8275円。