今度のXperiaはちゃんと2年使える!?内部ストレージ容量大幅アップでアプリもメールもたくさん保存できる「Xperia acro HD IS12S」を写真でチェック【レポート】

大幅にパワーアップした今度のXperiaは買いだ!

既報の通り、KDDIは16日、au向けの2012年春モデル発表会を都内で開催し、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製でXperiaシリーズの最新機種となる「Xperia acro HD(エクスペリア・アクロ・エイチディー) IS12S」(以下、IS12S)を3月中旬以降に発売すると発表した。展示会場でIS12Sを試すことができたので写真を中心に紹介する。

120116_au_xperia_is12s_02_960
本体正面。左から「Black」「Rouge」「White」の3色展開


120116_au_xperia_is12s_03_960
本体背面。3色とも背面の質感が異なる


120116_au_xperia_is12s_04_960
本体向かって左側面(画像上)と右側面(画像下)

本体のサイズは約66(W) ×126(H) ×11.9(D) mm、質量は約149g。ディスプレイは約4.3インチのHD Reality Display(1,280×720ドット)による高解像度、高精細なTFT液晶を搭載する。ディスプレイ直下には左からバック、ホーム、メニューのタッチセンサーキーを搭載している。


120116_au_xperia_is12s_05_960
左側面に搭載されているmicroSDカードスロットとau ICカードスロット

本体向かって左側面にはmicroSDカードスロット、au ICカードスロット、充電用の接点が搭載されている。右側面には電源キー、上下キー、カメラキーを備える。microSDカードは最大32GBまでのmicroSDHCに対応している。


120116_au_xperia_is12s_06_960
本体上部側面(画像上)と下部側面(画像下)


120116_au_xperia_is12s_07_960
上部側面のHDMI端子、3.5mmイヤホンジャック、microUSB端子

本体上部にはHDMI端子、3.5mmイヤホンジャック、microUSB端子を搭載、下部側面にはストラップホールを備える。防水に対応しているため側面の端子やスロット類には全てパッキンが付いたカバーで閉じることが可能。

防水対応にも関わらずわざわざ側面に端子やスロット類を配置しているのには訳があり、電池カバーが非搭載という理由がある。背面のカバーは外すことができないため、通常の端末のように電池の取り外しができない仕様となっている。

なお、搭載されているバッテリー容量は1,840mAhとのこと。前モデル「Xperia acro IS11S」(以下、IS11S)の搭載バッテリー1,500mAhと比較すると約340mAh増えており、目安として連続待受時間が約290時間から約330時間に、連続通話時間が約480分から約570分に伸びている。


120116_au_xperia_is12s_08_960
背面のメインカメラ部分。おサイフケータイにも対応


120116_au_xperia_is12s_09_960
ディスプレイの右上にはフロントカメラを搭載

カメラもIS11Sでは約810万画素のCMOSカメラが搭載されていたが、IS12Sは約1,210万画素と1,000万画素を超えている。新たにフロントカメラも搭載しており、こちらは約130万画素となる。顔認識、手ブレ補正、コンティニュアンスオートフォーカスなどの機能は変わらず搭載されているが、動画撮影が最大1080pのフルHDに、静止画撮影が4:3の12MPと16:9の9MPの記録サイズに新たに対応している。


120116_au_xperia_is12s_11_960
Androidのバージョンは2.3.7


120116_au_xperia_is12s_10_960
「無線とネットワークの設定」画面。WiMAXおよびテザリングには対応していない


120116_au_xperia_is12s_12_960
内部ストレージのユーザー領域(空き容量)は約11GB

前モデルIS11Sから機能アップした点では、1.5GHzのデュアルコアCPUの搭載やディスプレイの解像度、カメラの画素数、バッテリー容量などが注目されがちだが、最も注目したいのはRAMおよびROM容量が大幅に改善されている点だ。

IS11SではRAMが512MB、ROMが1GBだったのに対し、IS12SではRAMが1GB、ROMが16GBに大幅アップされいている。内部ストレージとして、ユーザー領域がIS11Sは約380MBしかなく、メールの送受信保存も他に保存したアプリやデータに依存して満足に保存できないケースがあった。

しかし、IS12Sではユーザー領域として内部ストレージが約11GB、本体メモリーが約2GB、合わせて約13GBの保存容量がある。このうち受信メール保存件数が約18.6MBまたは2000件まで、送信メール保存件数が約14.5MBまたは1000件までの保存領域が確保されている点も注目しておきたい。


120116_au_xperia_is12s_13_960
文字入力システムに「POBox Touch 5.0」を搭載


120116_au_xperia_is12s_14_960
POBoxでの入力画面。フリック入力にも対応している


120116_au_xperia_is12s_15_960
文字種切り替えをロングタップ(長押し)すると各種変更や設定が可能


120116_au_xperia_is12s_16_960
手書き入力の初回選択時に表示されるチュートリアル画面


120116_au_xperia_is12s_17_960
手書きで入力したところ

文字入力には最新のPOBox Touch 5.0を搭載しており、手書きによる入力方法が新たに追加されている。手書き入力画面では入力エリアに文字を重ねて書いていく。書いた文字はどんどんグレーアウトしていき現在書いている部分が黒く表示され見やすくかつ入力しやすくなっている。

その他、よく使う記号や文字を数字のキーボードに登録できるキーボードのカスタマイズや、候補ボタンロングタップによる変換候補のオンライン検索が新たに追加されている。


120116_au_xperia_is12s_18_960
卓上ホルダ


120116_au_xperia_is12s_19_960
卓上ホルダ背面


120116_au_xperia_is12s_20_960
IS12Sを卓上ホルダに設置

IS12Sには卓上ホルダが同梱される予定。卓上ホルダにmicroUSBケーブルを接続して充電することが可能。ほかに、マイク付ステレオヘッドセットとACアダプタケーブル(ACアダプタ、microUSBケーブルL字)が付属品として同梱される予定。

主な仕様
基本スペック
商品名Xperia acro HD IS12S
プラットフォームAndroid 2.3
メーカーソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
ディスプレー約4.3インチ
TFT液晶
HD(1,280×720)
サイズ約66 (W) ×126 (H) ×11.9 (D) mm
カメラ約1210万画素/CMOS
サブ: 約130万画素/CMOS
重量約149g
連続通話/待受時間約570分/約330時間
カラールージュ、ホワイト、ブラック
外部メモリーmicroSDHC (最大32GBまで)


対応サービス・機能
Eメール (〜@ezweb.ne.jp)
Wi-Fi (IEEE 802.11b/g/n)
SMS (Cメール)
Bluetooth (2.1+EDR)
緊急速報メール
ワンセグ
WIN HIGH SPEED
microUSB
おサイフケータイ
赤外線通信
防水(IPX5/IPX7等級)
デコレーションメール
グローバルパスポート(GSM/UMTS/GPRS)




■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
KDDI、au向けHD液晶やデュアルコアCPU、防水などに対応した「Xperia acro HD IS12S」を発表 - S-MAX - ライブドアブログ
KDDI、au向け2012年春モデルとしてAndroidスマートフォン5機種を発表!スマートパスポートで次のauへ - S-MAX - ライブドアブログ
【ついにauにもXperiaが登場!おサイフやワンセグなどに対応した「Xperia acro IS11S」特集】 - S-MAX - ライブドアブログ
待望のグローバルモデルが続々登場 | 2012年 | KDDI株式会社
Xperia acro HD IS12S | スマートフォン | au by KDDI
au by KDDI
Xperia acro HD IS12S(ソニー・エリクソン)
ソニー・エリクソン

■関連記事
ステータスバーや通知エリアに天気予報を表示できる「はれのち!」【Androidアプリ】
LG、Optimus Pad後継となるLTE対応タブレット「OptimusPad LTE」を発表!来週韓国で発売
INFOBAR A01などが実質値下げへ!KDDI、1月18日より一部Androidスマートフォンの毎月割を大幅増額
ソフトバンク、Androidスマートフォン「Sweety 003P」のソフトウェア更新に不具合で一時停止
ステータスバーなどにバッテリー残量を長いバーと数値で表示できる「ババァ」と「鬼ババァ」【Androidアプリ】