『医学部受験の闇とカネ』

写真拡大

幻冬舎メディアコンサルティングは経営者新書から新刊本『医学部受験の闇とカネ』(著・長澤潔志)を2011年11月末に発売している。

大学医学部の受験は狭き門であるがゆえに、予備校の拝金主義や親の無知に翻弄されている部分が多いと著者は言う。教育者や親のあるべき姿とは何か? 理想の教育を求めて医学部予備校を立ち上げた長澤氏が医学部受験の歪んだ実態を赤裸々に暴く。医師を目指す学生やその親たち必読の書だ。

新書、178ページ。定価777円。