「アレギサール 鼻炎」

写真拡大

田辺三菱製薬は、OTC医薬品(第1類医薬品)・アレルギー性鼻炎用内服薬「アレギサール 鼻炎」を、2012年1月11日に発売する。希望小売価格は、2520円。

眠くなる心配なし

田辺三菱製薬が開発した医療用医薬品である、アレルギー性疾患治療剤「アレギサール」の有効成分ペミロラストカリウムを日本で初めて配合したスイッチOTC医薬品。肥満細胞を安定化させ、ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサンなどのケミカルメディエーター(化学伝達物質)の放出を抑え、アレルギー性鼻炎の3大症状である、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりを抑える。

花粉によるアレルギー症状に対しては、花粉飛散開始の1〜2週間前を目安に服用すると、花粉シーズンの症状が軽減する。

また、眠くなる成分を配合していないので、誰でも安心して使用可能だ。