2012年の動向にも注目(写真は、「ツタヤオンライン」のゲームコーナー)

写真拡大

「蔦屋書店」「TSUTAYA」を全国展開する、カルチュア・コンビニエンス・クラブは、全国の店舗における、2011年1月1日〜12月20日までのゲームソフトの販売枚数を集計し、「2011年TSUTAYA年間ランキング」として、2011年12月29日に発表している。

総合1位は「ファイナルファンタジー 零式」

総合ランキング1位には、2011年10月にPSPから発売された「ファイナルファンタジー 零式」がランクイン。洗練されたストーリーと鮮やかなビジュアル、豪華声優陣が注目を集めた。以下、2位「モンスターハンターポータブル 3rd」(PSP)、3位「ファイナルファンタジー ??-2」(PS3)と続いた。

機種別ランキングでは、PS3は「ファイナルファンタジー ??-2」、Wiiは「ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエスト?・?・?」、PSPは「ファイナルファンタジー 零式」、ニンテンドー3DSは「モンスターハンター3(トライ)G」、 ニンテンドーDSは「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 プロフェッショナル」、Xbox360は「Gears of War 3」がそれぞれ1位となり、RPGシリーズの人気の高さが結果となって現れたようだ。