左から『インペリアルチョコレートスタウト』、『オレンジチョコレートスタウト』、『スイートバニラスタウト』

写真拡大

地ビールメーカーのサンクトガーレン(神奈川・厚木市)は、バレンタイン向けのチョコレート風味ビール、通称「チョコビール」の3種のフレーバーを2012年1月11日から発売する。

チョコレート麦芽でほろ苦くビターな味わい

お菓子のチョコレートやカカオなどは使用していないが、高温焙煎した「チョコレート麦芽」というビール本来の原料でチョコレート風味を引き出している。そのため味わいは甘くはなく、高カカオのチョコレートのように、ほろ苦くビターだ。

『インペリアルチョコレートスタウト』(630円)は全ての原料を通常の黒ビールの2.5倍以上使用した漆黒のビール。アルコールが8.5パーセントありワインのように2年間熟成が可能。2万4000本限定。

マーマレードのようなオレンジの皮を感じられるチョコビール

『オレンジチョコレートスタウト』(450円)は、「橙(だいだい)」というオレンジを皮ごと細かく刻み、長時間煮込んで風味を凝縮し、ビールのもとになるば麦汁に合わせて発酵させた。飲んだ後マーマレードのような皮の苦味が感じられるビール。1万本限定。

『スイートバニラスタウト』(450円)は、濃厚な黒ビールにバニラの香りを溶け込ませた。飲み口は甘くまったりで、後口はバニラチョコのようだ。一流パティシエも使用するパプアニューギニア産のAグレードバニラを使用。通年で販売だが、2012年1月11日より1万本限定でバレンタインラベルで発売。