「e-Let

写真拡大

スズキは、バッテリーを取り外して家庭で充電できる電動スクーター「e-Let's」を、2012年1月9日に発売する。

従来のスクーター感覚で乗れる

原付一種スクーター「レッツ4バスケット」の車体をベースに、回生充電が可能な高性能インホイールモーターとリチウムイオン電池を組み合わせて、電動スクーターならではの滑らかな加速と軽快な走りに加え、装備重量(専用充電器を除く)を「レッツ4バスケット」より2kg軽い車両重量を実現した。

バッテリーの状態を監視するBMU(バッテリーマネジメントユニット)を内蔵したリチウムイオンバッテリーは、車体から取り外して充電できる着脱式を採用し、1回の充電(家庭用100Vで約4時間)で30km走行可能だ。

スペアバッテリー搭載の「e-Let's W」

シート下に専用充電器またはスペアバッテリーを収納できるので、外出先で充電する際の利便性が向上、また、充電済みバッテリーと替えると走行距離が延びるので、使用用途に合わせて活用できる。

バッテリー1個に専用充電器を装備した「e-Let's」に加えて、スペアバッテリー1個を追加して行動範囲を広げた「e-Let's W」も同時発売する。

メーカー希望小売価格は、「e-Let's」が31万2900円、「e-Let's W」が39万6900円。