第91回天皇杯は1日、国立競技場で史上初めてJ2同士による決勝が行われ、FC東京が京都サンガを4―2で下した。

 FC東京は、試合の序盤から中盤でボールを回し、京都は少ないチャンスを狙わざるを得ない展開に。試合が動いたのは前半13分、京都FWドゥトラが個人技の素早いドリブルでチャンスを作ると、こぼれたボールをMF中山が冷静に決めて、京都が先制。少ないチャンスをものにした京都が試合の流れを掴むかに見えたが、わずか2分後にショートコーナーから、MF石川のクロスをDF今野が頭で合わせて、FC東京同点に追いつく。

 試合序盤から一方的なFC東京ペースで続き、同36分にはFKからDF森重がブレ玉のミドルシュートを決めて逆転に成功。攻撃の手を緩めないFC東京は、FWルーカスがGKをかわして3点目を決める。このまま前半は終了。



 京都は後半に期待の新星、高校生ストライカーのFW久保とMF駒井を投入し、攻撃的な布陣で試合の流れを掴みに掛かるが、FC東京は後半21分、カウンターからルーカスにこの試合の2点目を決められリードを広げられる。



 3点のリードを奪われた京都は前半から防戦一方となるが、後半26分、CKから久保が頭でゴールを決め、2点差に追いつき前半と同様少ないチャンスをものにする。

 ポゼッションを奪い続けるFC東京と、少ない好機を決めに掛かる京都で、試合の緊張がまったく緩まない状況で試合が進むが、両チームともこのまま得点が生まれずに試合は終了。FC東京が4―2で京都サンガを下した。

 初優勝を飾ったFC東京は、史上初となるJ2優勝と天皇杯優勝の2冠も達成した。



◆関連記事