ウタミンはどんなハーモニーを聴かせてくれる?

写真拡大

タカラトミーアーツは2011年11月17日、手を触れずに演奏する新感覚の玩具楽器「Utamin(ウタミン)」を発売した。

咳もするし、ひとり言もつぶやきます

「ウタミン」の特徴は、手を触れずに音楽が演奏できること。本体に内蔵されている赤外線センサーが、手との距離を認識し音を出す。手を近くでかざすと曲が進み、遠くでかざすと音を伸ばすことができるので、本体横についている「けん盤ボタン」と組み合わせれば本格的な演奏も可能だ。

また、「演奏以外」にもおもちゃメーカーならではのこだわりがある。見た目はクマのようなのだが、長く音を伸ばし続けると咳き込んだり、鼻歌を歌ったりひとり言をつぶやいたりと「人間臭い」動きをするので、まるで自分の分身に歌わせているような感覚になる。

演奏モードは「お気軽演奏モード」「ノリノリリズムモード」「本気で演奏モード」の3つ。内蔵されている15曲を演奏する「お気軽演奏モード」でも、手との距離で音の長さを変えられるため、自分なりの一曲が生まれそう。また、ウタミンを2体向かい合わせると、お互いに赤外線を送受信して「合唱」する。2体そろった合唱の時にしか聞けないハーモニーを楽しもう。

カラーはブルー、ピンク、グリーンの3種類。価格は各3990円。