『あきらめない主義 自分を始める30の視点』

写真拡大

幻冬舎メディアコンサルティングは、新刊本『あきらめない主義 自分を始める30の視点』(著・谷口郁子)を2011年12月19日に発売した。

スタートはパートタイマーの薬剤師

パートタイマーの薬剤師から、今では世界優秀女性企業家賞を受けるまでになったイムノグループ代表・谷口郁子氏が指南する人生論だ。同書には、「命があるからこそ死がある。懸命に生きたからこそ死がある」、そう語る谷口氏自身がいま実践している「あきらめない方法」を熱い思いで記している。

全部で30挙げたテーマはいずれも気になるものばかりで、「挫折には必ず出口がある」「進まなければならないのなら、覚悟を決める」「男性は10年、女性は3年サイクルでものを見る」「人を大切にする。その思いが人を宝とする」「よく生きることは、よく老いること」「年齢という制限を自分に設けるのはナンセンス」といった、目からウロコの主張が印象的だ。

単行本(ソフトカバー)、179ページ。定価1260円。