「GR-E43F」(左はブライトシャンパン、右はブライトシルバー)

写真拡大

東芝ホームアプライアンスは、野菜室を真ん中に配置した「VEGETA(ベジータ)」シリーズから、幅60cmのスリムタイプの「GR-E43G(片開き5ドア、427L)」を2012年1月上旬に、「GR-E43F(両開き6ドア、426L)」を2012年2月中旬に発売する。価格はオープンだが、想定価格は「GR-E43G」が21万円前後、「GR-E43F」が22万円前後。

「i-ツイン冷却」で湿度をキープ

国内の家庭用ノンフロン冷凍冷蔵庫401〜450Lクラスで最大容量となる定格内容積100Lの「ピコイオンうるおい野菜室」を採用。冷蔵(冷蔵室・野菜室)と冷凍(冷凍室・製氷室)の2つの温度帯を最適に冷却する「i-ツイン冷却」で内部の湿度を約95%に維持し、脱臭、エチレンガスの分解、栄養素アップなどの効果がある「ピコイオン」が野菜の鮮度を守る。

また、「ピコイオン」を発生させるユニットは、冷却器の霜を利用した自動給水方式で、水を補給する手間がかからない。

節電にもしっかり対応

「i-ツイン冷却」と11個のセンサーが状態に応じて運転を制御する「エコモード制御」で冷却の無駄を省き、「節電モード」では食品の保存に影響のない範囲で冷蔵室と冷凍室の温度を制御すると同時に、結露防止のヒーターへの通電を減らし、約10%の節電になる。

ほかにも、手間なく野菜を長期保存できる「野菜そのまま冷凍」や、熱いままの食品を入れて手軽にフリージングできる「熱もの冷凍」、食品への霜つきを防ぐ「おいしさ長持ち冷凍」機能などを搭載している。

片開き5ドアのGR-E43Gは、左開きのタイプ(GR−E43GL)も2012年1月中旬に発売する。

カラーは、ブライトシャンパンとブライトシルバーの2色。