「UCLEF?」

写真拡大

プリンストンテクノロジーは、簡単にセキュリティー対策が可能なUSBキー「UCLEF?」(PUS-UCL4)を、2011年12月下旬に発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は5480円。

引き抜くと自動的にロック

パソコンのUSBポートに接続されたUSBセキュリティーキーを引き抜くと、自動的にパソコンがロックされ、キーボードとマウスの操作が無効になって、パソコンを操作不能にできる。再度接続するまでパソコンが使用不可能なので、重要なデータを守り、情報の流出を未然に防げる。

また、フォルダやファイルを暗号化でき、USBが接続されていないと複合化できなくする機能も搭載している。

フォルダやファイルを完全に不可視化

暗号化したフォルダやファイルを不可視化できる「暗号化ファイル/フォルダ非表示機能」を搭載し、非表示機能を設定したフォルダやファイルは、USBをパソコンから外すと完全に見えなくなり、プライベートデータや機密書類などを隠すのに有効だ。

Windows 7とWindows Vistaの64bit版にも対応し、より幅広い機種のパソコンで利用できる。