(上)半数近くが「クリスマス」にストレス感じちゃう(下)さまざまなオルニチン配合商品の一例

写真拡大

クリスマスが近づくこの時期、一人身の女性はどんな気持ちでイルミネーションを見つめているのか――オルニチン研究会では「独身・彼氏ナシ」の女性618人を対象に、「クリスマスの過ごし方」についてのアンケート調査を実施した。

75%「やっぱりクリスマスはデートしたい!」けど…

彼氏ナシ女性たちに「彼氏がいない(できない)ことでストレスがたまるのはどのイベントか」と尋ねたところ、トップはやはり「クリスマス」(45.5%)で、半数近くが「ストレス」を感じ「自分の誕生日」(25.1%)を大きく引き離した。特に20代前半では64.1%がクリスマス前、「誰と過ごすのか」「彼氏はできるか」とストレスを感じてしまうという。

一方で75.1%はできることなら「クリスマスはデートしたい」と答えており、彼氏ナシ女性にとってクリスマスは、もんもんとストレスをためこむ辛い時期のようだ。

クリスマス乗り切るために必要なのは?

こうした女性たちを心配するのは、久留米大学大学院心理学研究所の津田彰教授だ。多忙な年末シーズンだが、「忙しいときこそ、積極的なストレスへの対策が必要」だという。

津田教授が勧めるのが、オルニチン(しじみに多く含まれるアミノ酸)だ。

「オルニチンにはストレスを下げる可能性がある、という試験結果があります。このような成分が多く含まれる食品を食べるなど、手軽な対策で、いつの間にかストレスをストレスとして感じなくてすむ心と体が作られ、結果的にストレスが解消されてきます」

最近では食品、飲み物、調味料、サプリなど幅広いオルニチン配合商品が登場しており、こうした商品も利用しながら、いろいろな方法でストレス解消を図ることが大切だと津田教授はアドバイスしている。