今どき男子の「ファーストキス」はチェリー味!(画像下は「メイベリン リップクリーム」。スウィート チェリー、フレッシュ ミントなど6種)

写真拡大

男は「キス」をどう考えているのか――日本ロレアルが展開する「メイベリン ニューヨーク」では、全国の15歳〜29歳の男性517人を対象に実施した「キスに関する意識調査」の結果を2011年12月15日に発表した。

男性のファーストキス、平均16.4歳

調査によると、男性のファーストキスの平均年齢は16.4歳で、キス経験がある人は10代後半で37.4%、20代前半は63.6%、20代後半では78.6%に上る。

「ファーストキスの『味』のイメージ」を尋ねると、「チェリー味」が32.5%でトップに輝いた。長らく「ファーストキスの味」No.1として知られた「レモン味」は21.1%の2位に後退し、3位はミント味の13.7%だった。

興味深いのは、男性の恋愛に対するスタンスごとに、「キスの味」の好みが異なる点だ。好きな人に対し「自分から告白する」と答えた「肉食男子」ではチェリー味派が33.7%で多数を占めたのに対し、告白しようとしたこともされたいと思ったこともない「草食男子」からは、「レモン味」が29.5%と根強い支持を集めていた。

キス経験有無で「理想の唇」も違う

また「理想の唇」を尋ねたところキス経験者では「ぷるぷるの唇」を挙げた人が44.5%で最も多かったのに対し、未経験者の40.6%は「しっとりとした唇」を選ぶなど、「キス」への嗜好(しこう)は意外なところで差が生じるようだ。キスしたい唇の「状態」は「リップクリームをつけた潤いのある唇」が41.4%、「形」は「ふっくらとした唇」が57.3%で一番人気だった。