株式会社ビックカメラ <3048> (以下、「ビックカメラ」)と楽天グループの電子マネー「Edy」を運営するビットワレット株式会社(以下 「ビットワレット」)は14日、2012年春までに全国35店舗のビックカメラにて電子マネー「Edy」のサービスを開始すると発表した。

 両社は、全国35店舗の全店導入に先駆け、まずは2011年12月19日より、Edy利用への要望の多いビックカメラ3店舗(ラゾーナ川崎店、札幌店、名古屋駅西店)で先行導入を行い、地域におけるショッピングの利便性の向上を図る。

 また同日より「おサイフケータイ(R)」を利用した、Edyを利用すると各種ポイントやマイルがたまる「おサイフケータイ(R)」限定のポイントサービス「Edyでビックカメラポイント」も開始。「Edyでビックカメラポイント」は、全国約28万1000ヵ所(2011年10月末時点)のEdy加盟店で「おサイフケータイ(R)」上のEdyでショッピングすると、ビックポイントが200円で1ポイント貯められる、ビックカメラのポイントサービス。

 なお、来春の全店導入時には、家電量販店では初めて店頭レジでのEdyのチャージ(入金)も可能となり、より便利にショッピングを楽しめるようになる。

 ※ 電子マネー「Edy(エディ)」は、楽天株式会社の子会社であるビットワレット株式会社が管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランド。

 ※ 「おサイフケータイ」は、株式会社NTTドコモの登録商標。

(編集担当:金田知子)