訪れることで地域の復興の手助けにもなる

写真拡大

宮古観光協会(岩手・宮古市)は、「宮古に泊ってありがとうキャンペーン」の実施にあたり、同キャンペーンと宮古市観光の復興のための広報活動として、『広報キャラバン』を2011年12月12日に盛岡で、2011年12月13日、14日に東京で行う。

極楽浄土を思わせる海岸美

宮古市は、そのたたずまいが極楽浄土にたとえられる陸中海岸国立公園内「浄土ヶ浜」を有するまち。東日本大震災により甚大な被害を受けたが、復興へ向けた取り組みを進めており、現在はほぼ通常通りの観光を楽しめる。

キャラバンには仲居さんやバスガイドさんも

「宮古に泊ってありがとうキャンペーン」は、2011年12月1日から2012年3月20日の間、宮古市内の協賛宿泊施設の宿泊客に、宮古市内の買物協賛施設で使える「1000円クーポン券」をプレゼントするもの。

今回の『広報キャラバン』には着物姿の仲居さんや観光バスのガイドさんも参加し、同キャンペーンと2012年4月〜6月の「いわてデスティネーション」に繋げる観光客誘致のための広報・宣伝活動としてチラシやノベリティーの配布を行う。