ウォークマンSシリーズ

ソニーのウォークマンのテレビCMに人気歌手の西野カナさんが出演している。冬の空気にぴったりな切ない歌声が印象的なCMだが、高校生の甘酸っぱい恋をテーマにしたCMの内容に「曲が切なすぎるのでは?」という声があがっている。CM「音楽の手紙」篇はワイヤレス対応である機能をピックアップしている。

女子高校生が机の中に入っていたイヤホンをつけると、贈り主である男子高校生がウォークマンを再生し音楽のプレゼントをするという内容だ。そこで男子高校生が贈ったのが、CMソングである西野カナさんの「たとえどんなに…」なのだが、この歌詞が「たとえ、どんなにどんなに強く願ったってもう戻れないけど」という失恋ソングなのだ。

男子高校生の選曲に「これから恋が始まるようなシチュエーションでかける曲としては違和感があるのではないか?」という声があがっている。西野さんのヒット曲には、会いたくても会えないといった切ない恋心をテーマにしたものが多く、これも原因なのだろう。

“ウォークマン”Sシリーズ(ソニー) ■関連記事
スマホを買ったらまずFacebook? Androidユーザーがよく使うアプリはアプリストアとFacebook【話題】
家庭で充電できる着脱式バッテリー搭載の電動スクーター「e−Let’s」スズキから新発売【売れ筋チェック】
オタクは大人のカラダになれない! 幼児体型が増加中!? 【話題】
メガネ不要の3D動画をHDの解像度で―REGZA 55X3【売れ筋チェック】
iPhoneに国産アンドロイドがついに逆襲! ドコモの「AQUOS PHONE SH-01D」が販売ランキング1位に【ニュース】