写真は「S230HLCbii」

写真拡大

日本エイサーは、acerブランドの23型ワイドフルHD薄型パネル搭載モデル「S235HLbii」、「S230HLCbii」を、2011年12月9日に発売する。価格はオープンだが、想定価格はどちらも2万円前後。

デザイン性を引き立たせる薄型パネルユニット

「S235Hlbii」は、最薄部約15mmの薄型パネルユニットを搭載してデザイン性を高め、23型フルHD対応で、大画面・高解像度・高画質な映像が楽しめる。

白色LEDバックライトとエイサーACMテクノロジーで、コントラスト比1億:1(最大)を実現。無水銀化ユニットで環境に配慮し、高性能ながら消費電力を抑えたエコディスプレイだ。

また、HDMI入力端子を2基搭載し、パソコンだけでなく、HDMI端子搭載の再生機器や、家庭用ゲーム機器など、さまざまな周辺機器を接続して利用できるほか、音声出力(ヘッドホン)端子を搭載し、市販の外付けスピーカーやヘッドホンを接続すると、臨場感溢れる視聴が可能になる。

「超解像テクノロジー」でくっきり表示

「S230HLCbii」は、最薄部約12.9mmの超薄型パネルユニットを搭載し、23型フルHD対応大画面ながら、本体質量約2.4kgで取り回しも簡単だ。また、低解像度のコンテンツをくっきり表示させる「超解像テクノロジー」を搭載し、解像度の調節も3段階で選択できるので、より見やすい表示に合わせられる。

「S235Hlbii」同様に、HDMI入力端子を2基搭載し、コントラスト比1億:1(最大)を実現している。