今年も残すところあとわずか。この時期になると、競馬界の話題は有馬記念に集中し始めるが、その前にファンの間で注目されるのが、2歳馬戦線。阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神JF)、朝日杯フューチュリティステークス(朝日杯FS)と、牝馬、牡馬それぞれの2歳馬ナンバー1決定戦が2週にわたって行なわれ、その予想とともに、来年のクラシックに向けた現時点での勢力図に関心が集まるのだ。

 また、今年の3歳クラシックの連対馬をみると、桜花賞馬のマルセリーナは昨年の阪神JFの週にデビューしたが、それ以外の馬はすべて、この時期までにデビューし、勝利を飾っていた。その後のクラシック戦線に臨むには、今やそれだけ余裕を持った臨戦過程をたどるのが、有力2歳馬にとっては不可欠な戦略。となると、今年もここまでの勝ち馬の中にクラシックで勝ち負けできる馬がいる可能性が高く、勢力図への関心は一層高まるわけだ。
 
 さて、現時点での2歳馬戦線における世間一般の評価だが、牝馬は「混戦だが、すごい馬が一頭控えている」、牡馬は「頭ひとつ抜け出した有力馬が一頭いる」といったところだろう。だが、競馬関係者に話を聞くと、必ずしもその評価は正しくない。両者の間には、微妙なズレがあるのだ。

 そこにある「ズレ」とは何か。まずは牝馬の勢力図から見てみたい。

続きはコチラ

  • 【競馬】ディープインパクトの2年目産駒は「大器」ぞろい!?[09月09日]
  • 【競馬】過去3年のダービー馬は夏デビュー! 今年注目は札幌の新馬戦!?[08月19日]
  • 【競馬】種牡馬としてのディープは偉大なる父SSを越えられるか!?[05月26日]