新曲「たとえどんなに…」を歌う西野カナさん

写真拡大

ソニーマーケティングは、西野カナさんが出演する「ウォークマン Sシリーズ」の新CM「音楽の手紙」篇を2011年12月から放送している。

高校生の甘酸っぱい恋愛ストーリー

「ウォークマン Sシリーズ」は、ワイヤレス対応であらゆるリスニングシーンに対応したモデル。新CMは、女子高生が机の中から白い封筒を見つけ、中を開けると「ウォークマン」のワイヤレスヘッドホンが入っている、というところから始まるストーリーだ。贈り主である男子高校生が「ウォークマン」の再生ボタンを押すと西野さんの新曲が流れ、少し離れた距離にいても男子高校生の気持ちが伝わるという、甘酸っぱい内容に仕上がっている。

今回10代の若者に絶大な支持を受けている西野さんが、高校の教室で切ない恋愛ソング「たとえどんなに…」を熱唱。近づきたいけど近づけない、そんなはがゆい恋愛をしている高校生たちを見守り、応援している。

メイキング映像では教室に突然現れた彼女の姿に、撮影に協力した高校生たちが大興奮。笑顔の絶えない現場となったという。