写真は、「運動不足警告」イメージ

写真拡大

ヘルスエンジンは、健康トラブル予防と体力向上生活へのナビゲーションを行う活動量計「健康ナビ」を2011年12月1日に発売した。

エコノミー症候群を予防

心身機能が低下し歩行が困難になる「生活不活発病」や、血流が悪くなり死に至ることもある「エコノミークラス症候群」など、運動量の低下による健康トラブルが近年増加傾向にある。

同商品の機能「運動不足警告」は、動かない状態が続いているとセンサーが感知して、画面上に「ウゴコウ」というメッセージを表示する。1分でも良いので体を動かすと、警告は消える。メッセージが表示される度運動を繰り返す事で、身体を動かすことが「習慣」になるようにナビゲーションしていく。

他にも機能は充実

2つめの機能「健康促進ナビゲーション」は、ユーザーの歩き方を毎日自動で測定し、その人に合った速さ・テンポをアドバイスする。ユーザーはテンポに合わせて歩くだけで、体力増進が図れる。

運動の成果はグラフで確認でき、1日の総消費カロリー量や消費カロリー量なども測定する。また、ウオーキングのみならず、ジョギングにも対応している。

参考価格は、4980円。