メイン操作画面

写真拡大

ヤマハは、iPhone用GPS付きランニング・ウォーキングアプリ「BODiBEAT GPSラン&ウォーク」をiTunes Storeで2011年12月1日から販売している。

身体と音楽の一体感を楽しむ

ランニング・ウォーキングする時に、自身の走行するピッチに合ったテンポの曲をiPhoneから自動再生するアプリ。iPhone内の加速度センサーで運動ピッチを計測する仕組みだ。ステップに合った曲を再生することで、身体と音楽の一体感を楽しみながら運動できるという。

また、GPS機能を利用して、移動した距離やペースを計測や、移動ルートや消費カロリーの表示もできるほか、音声ガイド機能を搭載しており1kmごとに時間、距離、ペースをアナウンスしてくれる。さらに、FacebookやTwitter、JogNoteなどのソーシャルメディアにアプリから投稿可能で、ユーザーに人気の再生曲ランキングなども表示できる。

遠隔トレーニングも可能に

ほかにも、同じアプリを利用している距離の離れた仲間の運動ピッチを受信して、音楽でお互いのペースを感じ合える「メンバー」機能を搭載。最大4人で同じテンポを共有して運動することができ、遠隔トレーニング指導も可能になるという。

再生された音楽のテンポに合わせて運動するトレーニング機能や、最適なテンポの曲を自動生成するシンセサイザー機能も備えている。

価格は170円。