週刊ポスト12月2日号で報じられた楽天・岩隈久志(30)の不倫問題。愛人との“車チュー”や、人目を憚らぬゴルフ場抱擁など、「愛妻家」イメージからかけ離れた姿は大きな話題となった。

その岩隈は、ある関西ローカルの番組で、親しいタレントを通じて、この一件に関する「言い訳」をしていた。

11月26日に放送された『あさパラ!』(読売テレビ)で、岩隈を「近鉄時代からかわいがっていた」というハイヒール・モモコ(47)が、岩隈からのメールを紹介。以下は、モモコが明かした“岩隈の説明”である。

「(A子さんとは)飲み屋で知り合い、番号を教えてくれといわれたので教えた。しつこくゴルフに行きたいと誘われたので、1回だけ打ちっ放しに行った。(ゴルフを)“教えてくださ〜い”といってくるので、“嫌だなァ”と思いながら教えた」

「(車チューについて)“ちょっとそこまで送って”といわれたので車に乗せたら急に抱きつかれた。飛びつかれて恐怖を感じ、車から降りてすぐ妻に電話をして事情を説明、“もうこの車は売る”と話した」

「(A子さんとは)3年越しの付き合いでもなければ、お泊まりもしていない」

本誌の取材には「私生活のこと」と拒否していたのに……、岩隈サン、そんな事情があったんですね!

密着レッスン中、目が合う度にキスを交わしている様子は、本誌記者の目にはとても嬉しそうに見えたのだが、そんなに「嫌」だったとは……。

それに、本人は「1回だけ」というが、A子さんとのゴルフは2晩連続。“車チュー”現場についても、見るかぎり「恐怖を感じた」表情とは思えなかった。

また、「ちょっとそこまで」送った先がご自身の宿泊ホテルというのはいただけない。昔からかわいがってもらっているというモモコは、岩隈からしてみれば“うるさ型の姉御”。ついつい、慌てて言い訳をしてしまったのだろうか。

※週刊ポスト2011年12月16日号