「豚肉と野菜のさっぱり炒め弁当」(530円、367kcal、食塩相当量2.8g)

写真拡大

ローソンは、体脂肪計などを製造販売しているタニタと共同開発した「豚肉と野菜のさっぱり炒め弁当(530円)」を関東1都6県と山梨県・長野県のローソンで2011年12月6日から販売する。ミツカンのお酢を使った減塩メニューで、ダイエットに効果的なお弁当だ。

カロリーがたった 367 kcal!

メインは豚肉の中でも脂肪分の少ないもも肉に、キャベツ・ニンジン・シイタケなどを加えた肉野菜炒めだ。お酢を使用することで塩分を少なめになっている。副菜のかぼちゃは大きめにカットしているので、かむ回数が増え満腹中枢を刺激する。ごはんは雑穀米を使用し、ダイエット中に不足がちな栄養を効果的に摂ることが可能で、これだけしっかり食べてもカロリーはたったの367kcalだ。

「体脂肪計タニタの社員食堂」 栄養士監修

ナチュラルローソンでは、ベストセラー料理本「体脂肪計タニタの社員食堂」の出版に関わった荻野菜々子さん(社員食堂の担当栄養士)が監修したお弁当やお総菜を2011年2月から販売していたが、反響が大きかったため今回ローソンでの発売を決定した。

「体脂肪計タニタの社員食堂」は「500kcalのまんぷく定食」をコンセプトに、ダイエットを楽しく美味しくできるよう提案した料理本で、累計発行部数180万部を突破している。