珍しい練習方法だ

写真拡大

旺文社は、小学生向けの「計算が速く・正しく・好きになるドリル ギザギ算 たし算編」を、2011年12月2日に発売する。価格は、630円。

多数のたし算をこなして計算力が向上

「ギザギ算」は、横浜市の小学校教諭、小宮健先生が算数の授業で考えた計算の練習方法で、三角形が並んだギザギザの枠を使って計算するというもの。

三角マスを次々に埋めることで、何回ものたし算を行うことができ、2つの数だけでなく、3つの数のたし算も練習可能だ。

また、前に計算した数を使って次の計算をするので、検算をする習慣が付く。

学習をサポートするかわいいイラストの「ギザギザウルス」は、レベルが上がるごとに卵から大きくなり、子どものモチベーションを維持する。