(C)創通・サンライズ

写真拡大

バンダイナムコホールディングスとバンダイ、サンライズ、創通は、臨海副都心エリアで2012年春に開業予定の複合施設「ダイバーシティ東京」のフェスティバル広場に、実物大のガンダム立像を設置することを2011年11月24日に発表した。

立像では3年ぶりのお台場帰還

実物大で全高は18メートル。TV放映30周年を記念した「機動戦士ガンダムプロジェクト」により2009年の夏にお台場・潮風公園で公開された後は、2010年秋〜2011年春にかけて行われた「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」(静岡市)での設置や、パーツの展示がなされてきた。

新たな展示により、東京都の緑の施策の推進と第29 回全国都市緑化フェアTOKYO(2012 年9 月29 日〜10 月28 日開催予定)のPR に協力し、緑化メッセージの発信と臨海副都心エリアの活性化に貢献するという。

2009年時には、「緑あふれる都市東京の再生」と、2016年の東京でのオリンピックを「緑のオリンピック」として、その実現へのメッセージを発する役割を担った。