来日したミクソロジストのローラン・グレコさん

写真拡大

カクテル界で今熱いのが、「ミクソロジー」というキーワードだ。海外ではハリウッドセレブなども愛飲する「ミクソロジーカクテル」は近年、日本でも流行の兆しを見せており、2011年11月2日に開催された「mixologyコレクション2011 by Perrier」では、世界的ミクソロジストのローラン・グレコさんが最先端・新感覚のカクテルパフォーマンスを披露した。

幅広い素材でカクテルを作成

「ミクソロジー」という言葉の起源は19世紀のアメリカにさかのぼり、1990年代ごろから広く用いられ始めた。

フュージョン料理の影響を受けたミクソロジーでは、カクテルの素材として酒やジュースに留まらず、フルーツや野菜、ハーブ、スパイスなど新鮮な素材を積極的に取り入れる。従来のカクテルとは違った、素材そのものを楽しむ「新感覚のカクテル」と言えようか。

中でもローラン・グレコさんは化学的・物理的分析に基づく「モレキュラー・キュイジーン(分子料理の技術)」をカクテルに応用。ペリエの「マスターミクソロジスト」も務めるこの道を代表する人物で、現在は世界各国でミクソロジーの啓蒙を続けている。

これが世界最先端のカクテルパフォーマンスだ

グレコさんは2日のイベントで、液体を固形化する「分子カクテル」や、ドライアイスを使ったミクソロジーなど得意のカクテルパフォーマンスを本邦初披露。世界最先端の技で会場を酔わせた。また出席者にはグレコさんもカクテルの素材として愛用しているペリエを使った、スパークリングのさわやかなミクソロジーカクテルも振る舞われ、ミクソロジーの魅力を存分に味わえた一夜となった。