完璧なスタイルでグラビア界を席巻した佐藤江梨子(29)。今や?サトエリ?という愛称が似つかわしくなくなるほど、映画にドラマに活躍する女優となった。とはいえ、他の女優に物申せるほどの?大女優?にまでなったんでしたっけ?

「あのコって80万円かけても、あの程度ってところが残念だよね。そもそも骨格がブスなんだよ」

 11月のとある日、JR中央線沿いにある有名な整体院。施術中だったモデルのAさんは冒頭の発言を聞いた。そして、耳を疑った。

 そのAさんが話す。

「この整体院には、モデルの先輩の紹介で通い始めたんです。小顔効果がてきめんに表れることで知られていて、芸能人も数多く通っています。しかも、個室ではなく、大部屋で一斉に施術を受けるシステムなので、先生と会話する時も芸能界の話題には触れないのが普通なんです。でも、その日は、大声でタレント批判をする女性がいたんです。あんまりうるさいから顔を上げて声の方向を見ると、サトエリでした。しかも他のタレントを一刀両断するような毒を吐きまくっていたんです」

 その後、サトエリの放言に耳を傾けたAさん。すぐに、「あのコ」呼ばわりで、ヤリ玉にあげられていたのが深田恭子(29)だとわかったという。

 Aさんが続ける。

「フカキョンが『池袋のエステで小顔化に成功したと自慢している』ということが気に入らないらしく、『私はここに通っているだけだけど、あのコは大金をかけても、あんなもんでしょ。全てにおいて、センスがないんだよ』と先生に話していましたね」

 小顔にも「センス」が必要とは、さすがに女優である。最近はドラマ「ここが噂のエル・パラシオ」(テレビ東京系)で女子プロレスラー役を好演中のサトエリ。他のドラマも気になるのか、米倉凉子(36)主演の「HUNTER」(フジテレビ系)はよく観ているようだ。

「米倉さんについては『あのドラマはないよね。というか、台本をしっかり読んで選んでるのかな? 私はどんなチョイ役でも台本読んで決めるから‥‥』と、ボロクソでした」(Aさん)

 米倉とサトエリには因縁がある。06年に、歌舞伎役者の市川海老蔵(33)との交際が報じられたサトエリ。その海老蔵の元カノが米倉だった。わずか3カ月で海老蔵に捨てられた彼女にとって、米倉は今でも気に入らない相手なのだろうか。

 一連のドラマ批判に続き、再びサトエリの矛先は「あのコ」に!

「『東野圭吾の原作とか、あんなにいい作品をもらっておいて、あの演技はないよ』と話し、またフカキョンの話題になったと思ったら、『きっと本を読む力がないんだよ』って、バッサリでした」(Aさん)

 ふだんはサバサバして気立てのいいサトエリだけに、この?大荒れ?には深い理由があるようだ。

 テレビ局関係者が言う。

「サトエリは昨年、舞台で共演した、歌舞伎役者の片岡愛之助(39)と親密な関係にあるという噂が聞こえていたのですが、その恋も終わったようです。故・つかこうへい氏の娘で、元タカラジェンヌの愛原実花(25)に愛之助の心が移ってしまい、2人の熱愛報道もあったばかりですから、そりゃあ荒れますよ(笑)」

 小顔になる前に、サトエリには心の傷を小さくするケアのほうが必要!?

深田恭子の写真ギャラリー