『猫ひろしのマラソン最速メソッド 市民ランナーのサブスリー達成術』

写真拡大

ソフトバンククリエイティブは2011年11月18日、ソフトバンク新書から『猫ひろしのマラソン最速メソッド 市民ランナーのサブスリー達成術』を発売した。

タレントの猫ひろしさんのマラソンの実力が秀でていることはよく知られている。自己ベストが2時間37分49秒(東京マラソン2011)というのだから市民ランナーとしては「トップレベル」だ。学生時代から陸上部で鳴らしたというのならわかるが、卓球部だった猫さんが速く走れるのはなぜか。本書には、真夜中の40km走、10kgの荷物を背負っての帰宅ランなど、フルマラソンでサブスリー(3時間切り)を果たした「ヒミツ」が明かされている。これまでベールに包まれていた驚きのトレーニング法のすべてがここに。

新書、200ページ。定価767円。