写真は「DPF-WA700」ホワイト

ソニーは、Wi-Fiに対応し、本体液晶にタッチパネルを搭載したデジタルフォトフレーム「S-Frame」の「DPF-WA700」を2011年11月25日に、「DPF-W700」を2012年1月27日に発売した。

7型クリアフォト液晶搭載

本機は、Wi-Fiを使ったインターネットが利用できる環境ならば、携帯電話やパソコンから電子メールで送られてきた写真を受信可能で、受信すると、写真と送信者名、タイトル、送信日時を表示する。パソコン内に保存している写真や「Facebook」と「Personal Space(パーソナル スペース)」にアップロードした写真の鑑賞も可能。

また、きめ細やかでリアルな画像を表示できる「クリアフォト液晶」を搭載し、鮮やかな色再現力で、写真を鑑賞できるほか、動画再生機能も搭載し、AVCHD Ver.2.0(Progressive)60pで撮影した動画ファイルの再生に対応。撮影した高画質動画を手軽に楽しめる。本体にはスピーカーが備わっていて、音楽再生や音楽を聴きながらの写真鑑賞が可能。

スライドショーが4種類から選べる

本機には、タッチパネルが搭載され、写真の送り・戻しや本体設定などが、画面にタッチしながら軽快に操作できるほか、「メモリースティック デュオ」とSDメモリーカードに対応するカードスロット、約1GBの内蔵メモリー(ユーザー使用可能容量:約800MB)を搭載。メモリーカードなどの画像データを、最適なサイズに調整して、自分だけのオリジナルアルバムを作成可能だ。

また、写真や動画が自動で切り替わるスライドショー機能で、時計や天気表示をモチーフにした4種類の表示パターンから好みに合わせて選ぶことができる。

「DPF-WA700」のみの機能として、パソコン内の音楽ファイルの自動再生やインターネット経由でのラジオ聴取がある。

市場推定価格は、「DPF-WA700」が2万円前後で、「DPF-W700」が1万5000円前後。